避妊具とピルの違い、効果がある避妊薬レボノルゲストレル

2019年10月23日

一般的に用いられるピル・コンドームなど、行為の前に服用・装着が必要な避妊具とは違い、性交渉後に緊急に避妊を行う必要がある際に用いられるのがこのレボノルゲストレルです。
レボノルゲストレルは、プロゲステロン薬・黄体ホルモン薬と呼ばれる一種に分類される薬です。
ピルやコンドームなど避妊具を使用せず性交渉を行ったり、何らかのトラブルで避妊具が役割を果たさなかった場合など、妊娠を避ける場合に大いに役立ちます。

そもそも、レボノルゲストレルを服用することで、体内でどういった働きがあり、どういった理由で妊娠しなくなるのでしょうか。
キーワードは女性ホルモンにあります。
女性ホルモンを薬品として投与して、不妊治療を行ったりするように、妊娠と女性ホルモンには深い関係があります。

当然、妊娠を避けたい場合もホルモンを投与して体内女性ホルモン分泌量をコントロールすれば妊娠しないようにすることが可能です。
女性ホルモンは、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つで構成されており、このうちプロゲステロンが生理周期において重要な働きを行う成分です。
排卵が起こる直前に、黄体形成ホルモンが大量に分泌されますが、ここでレボノルゲストレルを服用することで、プロゲステロン(黄体ホルモン)が大量に体内に投与されることとなり、黄体形成ホルモンが抑えられます。
つまり、これで排卵が起こらないようにするという仕組みです。

このように、避妊具を用いなかったとしても、できるだけ早く服用すれば避妊することが可能ですが、ピル・コンドームと比べやや不安定であり、また大量にホルモンを投与することになるため体調にも不調をきたしやすいです。
当然ながら副作用も起こるため、普段はできるだけ通常の避妊薬・避妊具を使用するようにしましょう。

関連記事
ネット通販ならレボノルゲストレルを最安値で購入できる

避妊薬のレボノルゲストレルを最安価格で購入するなら、ネットの通販です。ネットの通販を利用すると、病院で処方してもらうより、大幅に安い価格でレボノルゲストレルを購入できます。レボノルゲストレルをネットの通販なら安く購入できるのは、処方箋が必要ないからです。病院で処方してもらうためには、医師の診断を受け...

定量ピルに含まれるレボノルゲストレルで排卵を止める

定量ピルを服用することによって排卵を止めることが出来るのは、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが入っているからです。定量ピルには、レボノルゲストレルの他にエストロゲンという卵胞ホルモンが入っています。定量ピルはレボノルゲストレルと卵胞ホルモンの二つをあわせることによって擬似的な妊娠を作ることが出来...

産後のレボノルゲストレル服用とおりものなどの副作用

ホルモンは妊娠のしくみのなかで重要な役割を果たしており、特に、排卵の直前の時期には黄体形成ホルモンが一度にさかんに分泌されるようになり、これをLHサージとよばれています。ところが、この時期に黄体ホルモンの濃度が高いと、LHサージが抑制され、排卵もなくなるため、妊娠をすることもなくなるのです。このしく...

吐き気は肩こりから来ることも

肩こりからさまざまな体の不調がおこることがあるようです。頭が痛くなったり、だるさをおこしたり、ひとりひとり、その症状はさまざまです。なかでも吐き気をおこす人がたくさんいるそうです。肩こりからおこる吐き気の原因は血流が悪くなっていることだと言われています。肩こりからおこる吐き気は、やっかいなものです。...

食あたりの場合は積極的に吐く!

食あたりを起こしたときには、その原因となる食べ物を、とりあえず体の外に排出することが有効だと考えられます。そのためには、積極的に吐くことが必要なのですが、必ずしも、吐くことが効果的だとは限りません。いったん胃袋に入ったものを、口から排出するためには、食道や口を通さねばならず、食あたりの原因となったも...

吐き気・嘔吐に効く食べ物

吐き気や嘔吐の原因としてよく挙げられるのが、食べ過ぎや、飲みすぎ、食あたりなどですが、こうしたケースの場合では、我慢をする事は良くなく、吐いてしまう事が一番と言う事もあります。中々、吐く事ができないという時には、塩水を飲むと吐きやすくなります。また、吐き気や嘔吐の時に効く食べ物では、しょうがエキスが...

吐き気を止めるためのツボ

「なんだか気持ち悪い」「胃がムカムカする」そのような症状は、なんらかの原因があります。胃が弱い人、肝臓の病気をかかえている人、頭痛からくるもの、肩こりからくるものもあります。それぞれの原因に合った対処法で、改善していくことが大切です。吐き気止めるツボというのもあります。原因によって位置もさまざまとな...